新「ミライ科」現在準備中!(※表示が一部乱れることがありご迷惑おかけします。)

【文具】まっさらな白紙に戻せ!みんなの愛用消しゴム

  • 息抜き
quwrof02.jpg

この記事を書いた人

上智大学大学院卒 ディズニー好きライター  クロロ

文具 みんなの愛用消しゴム

いま高校生のみなさんも、中学生・小学生はたまた幼稚園の頃から、いろんな消しゴムを使ってきたと思います。

普段の勉強はもちろん、テストの答案で答えを書き直したり、受験という大事な場面で使ったりする、高校生にとっては必須の文具ですよね。

そこで、進研ゼミ高校講座会員に、愛用している消しゴムを教えてもらいました!

やっぱり定番?

消しやすさにこだわる?

折れにくさが大事?

みんなの消しゴム選びのポイントがわかる愛用消しゴム、必見です!

※進研ゼミ高校講座会員を対象に、2023年2月に実施したアンケート結果をもとに制作しています。

MONO│トンボ鉛筆

MONO トンボ鉛筆

"消しゴム"と聞いて、一番に頭に出てくるのはコレじゃないでしょうか!?もはや知らない人はいないレベルの定番消しゴム。

アンケート結果を見る前から「MONO消しゴム使ってる人は多いだろうな~」と思っていましたが、やっぱりコレが一番多かった!

 

「MONO消しゴム」の発売は、なんと1969年!50年以上も売れ続ける、超超超ロングセラー商品です。

愛用している人の中でも、定番だったり、長年使われ続けている安心感だったりを理由として挙げている人が多くいました。

Y・I

MONO消しゴム。定番。

S・S

MONO。やっぱり使い慣れているのが一番。

使われ続けるには理由がある。消しゴムにまず求められる、文字の消しやすさも抜群です。

文字を消す力は「消字率」という数値で計測されますが、「MONO消しゴム」は消字率97%という高い数値になっています。

R・G

MONO消しゴム。純粋に消し心地が良い。

M・K

MONO。とにかくきれいに消せる。

実際に消してみても、やっぱりよく消える。安心感がすごい。

MONO トンボ鉛筆

5つのサイズがあるので、自分に合った大きさのものを選べるのも嬉しいポイントですよね。

Y・N

MONO。消しやすい。ちょうどいい大きさ。

 

ダブルエアイン│プラス

ダブルエアイン プラス

続いて、"いつもカドで消す感触"のキャッチフレーズでお馴染みの「エアイン」シリーズから、ダブルエアイン!

エアインの特長でもある「多孔質セラミックスパウダー」に加え、「エアー入りカプセルパウダー」を配合したダブルのエアーで驚異的な消し味を実現しています。

M・Y

ダブルエアイン。恐ろしいほどよく消える。

ダブルエアイン。使い終わるまで1回も折れたりしなくて、ノンストレスで間違いを消せる!

先ほど文字を消す力「消字率」という値を出しましたが、実は世に出ている消しゴムのほとんどは92~98%の範囲におさまっており、実際その差はほぼ無いと言えます。

じゃーなんで"よく消える"と感じる消しゴムがあるのかと言うと、軽い力で消せるかどうかが大きくかかわっています!

 

「消字率」は同じ力を加えた場合の数値で、そこから力を弱めた場合に文字を消す力があるか、までは測ることができません。

その点、ダブルエアインはかる~い力でも消せて、消す力は抜群!

ダブルエアイン プラス

今回取り上げた3種の中では、一番消えると感じました!

 

"いつもカドで消す感触"のキャッチフレーズがピッタリ当てはまるくらい、軽く消せるのがダブルエアインです。

アーチ│サクラクレパス

アーチ サクラクレパス

最後はサクラクレパスの"折れない消しゴム"アーチです。

板書うつすのが追いつかなくて急いで消すとき、テスト中に時間がなくて焦っているとき、消しゴムって焦って強い力でこすったりしたときに、折れてしまうことがありますよね。

 

その原因はケースにあります。消しゴムが強い力でケースに食い込むと、そこから裂け目ができて折れてしまいます。

アーチ形状のケースになっているアーチ消しゴムは、折れにくいので強い力で消すことができる=よく消えるというメリットが出てくるわけです!

このケースは切り取り線が入っていて、消しゴムが小さくなってきたら、下から少しずつケースを切り取って使うことができます。

消しゴムが小さくなってきたとき、よくケースの下を折って使ってたけど、ハサミ不要で切り取れるのは便利!

 

S・T

アーチ消しゴム。普通に消しやすいし、大きさもちょうどよく、全く折れない。

アーチ。ペラペラめくれるところが便利。

写真は消しゴムのパッケージが見やすいように持ち方を変えて撮っていますが、実はこのパッケージのアーチ部分の黄緑の模様はグリップになっていて、すべりにくいんです!

アーチ サクラクレパス

アーチ消しゴムにはメラミンフォーム(特殊発泡体)が入っていて、軽いタッチで消せる、消しくずがまとまる、といった特長があります。

消しやすさはダブルエアインに一歩及ばずな印象ですが、こちらは消しくずが綺麗にまとまってくれるので、自宅で勉強するときは本当にありがたい!

 

アーチ。消しくずがまとまりやすい。

 


高校生のみんなが愛用している消しゴム。やはりメジャーな消しゴムが多く選ばれていましたが、それぞれに特徴があって、安心して使える性能になっています。

個人的には、普段の勉強ではMONOかアーチテストや受験などではダブルエアインを使うのが、シーンに合った性能を発揮できると思いました!

 

新しい消しゴムを使ってみたいという人は、ぜひみんなの声も参考にしてみてくださいね!

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座
ライター/クロロ

学生のころからエアインを愛用していました!いろいろ試したけど、消す力は最強だと思う。

※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校生サクセスナビ」の画面一番下の「疑問解消」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

気になることから探す

悩みにあったアドバイスをもらおう先輩大学生を探す