新「ミライ科」現在準備中!(※表示が一部乱れることがありご迷惑おかけします。)

【推薦特化コース受講者必見】推薦入試1位合格者が教える!合格のカギは『高1からの〇〇』

  • 進路
userPicauthord77f7.jpg

この記事を書いた人

愛媛大学 教育学部  こっこ

スライド1.PNG

こんにちは。「推薦合格応援コーチ」のこっこです。

大学へは、一般公募推薦で1合格しました。

私が推薦入試1位で合格できたのはなぜなのか。

その理由を分析すると、高1からの行動が大きく関係していました。

推薦入試の対策は今から始まっています。

「推薦特化コース」を受講しているみなさんが、今からライバルと差をつけるにはどうするべきかを、私の体験をもとに紹介していきたいと思います。

成績開示でわかった!1位合格の理由は『高1からの内申点』

スライド2.PNG

これが私の成績です。

友人で推薦2位の子がいたので、結果を聞いてみると、小論文・面接はほとんど点差がなく(むしろ数点負けてた)、差がついていたのは調査書等でした。

スライド3.PNG

私は、元々小論文も面接も苦手でした。

しかし、1~2か月みっちり対策すると、他の人と差が大きくつくようなことにはならないと思います。

つまり、高1からすべきことは、内申点を上げることです。

どうしたら内申点が上がるのか?

私が加点になったと思う内容は以下のことです。

スライド4.PNG

同じことをした方がいいよとは言いません。

成績に固執するのも私はよくないと思います。

・課題はきちんと提出すること

・授業をしっかり聞くこと

・定期試験のために努力すること

この3つをすれば、成績自体の評価は推薦入試に必要な分は取れると思います。

高校の勉強は中学までの勉強が更に深く広くなっています。

そのため、中学までに何かしらニガテがある場合は早めに対策しましょう!

私は、高校生になったら、高校生のうちにできること、やりたいこと全部叶えてほしいです。

たくさんの人と関わって、たくさんのことを見て、触れて、自分の心と身体を成長させてほしいと思います。

今日から意識 2つのポイント

私が推薦入試で一番重要だと思ったのは"言葉"です。

推薦入試では、志望理由書、小論文、面接など、〇×だけで評価できない"言葉"で評価されます。

本当に思っていることなのか。 本当の経験から出た言葉なのか。 

試験官にはすぐに分かります。

思考して、経験して、自分の言葉が持つ力を大きく強くしていってほしいです。

それが推薦入試で大きな武器になると思います。

そして、大きく強くなった"言葉"にするために、高校生活で意識してほしいことが2つあります。

スライド5.PNG

①アンテナを立てておくこと

アンテナを立てておくことを忘れないようにしてほしいです。

自分の興味のある分野、志望学部に関わることに対してアンテナを立てておきましょう。

「こんなことが起こっているんだな」「自分だったらどうするかな」と考えながら日々過ごしてみましょう!

②何事にも挑戦し、経験すること

アンテナに引っかかって、できそうなことにはとりあえずチャレンジしてみましょう。

井の中の蛙大海を知らずということわざがありますが、私は中学生までは蛙でした。

頑張って勉強して、本を読んで、部活しての平凡な中学生でした。それでいいと思っていました。

しかし、高校1年生でトビタテに参加して、全国の高校生が様々な分野で活躍していることを知りました。

なんて自分はちっぽけな人間なんだと思い、それから勉強はそこそこに、上記のようなことに積極的に挑戦しました。


推薦入試のために頑張ることは、一生涯の武器になります。

自分を成長させるいいチャンスだと思って、高校生活を悔いのないように過ごしてほしいです。

知らないことはできないし、知らないことは将来の夢や目標にはなりません。

選択肢を広げるためにも、様々なことを知って、挑戦してほしいと思います。

まずは推薦入試について勉強してみましょう!

4月3日に開催される高校学習スタートガイダンス【推薦特化コース編】を見て、推薦合格までの流れをつかみましょう!

視聴はコチラから!

ぜひ、合格までの流れを知り、高校生活の大まかな計画を立ててみてくださいね。

<この記事を書いた人>
推薦合格応援コーチ こっこ

愛媛大教育学部在学中

※この記事は公開時の情報に基づいて制作しております。

 

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校生サクセスナビ」の画面一番下の「疑問解消」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

気になることから探す

悩みにあったアドバイスをもらおう先輩大学生を探す